1964年のオリンピック 重量挙げの鉄人

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

こんばんは、
サイト管理者のともやんです。

 

1964年の東京オリンピック。

 

今から見ると相当質素な白黒TVで観るオリンピックは、
色が付いていないのに、僕にとっては華やかな祭典でした。

 

僕の心に刺さったベスト3は、

1番、男子マラソンの円谷幸吉選手。
2番、女子バレーボールの金メダル
3番、重量挙げの三宅義信選手の金メダル

 

※イメージです。

 

重量挙げの三宅義信は、ローマオリンピックで銀メダル(僕は記憶にありませんが)東京オリンピックで金、そしてメキシコオリンピック(1968年)でも金メダルで連覇。
1972年のミュンヘンオリンピックでは、4位に終わりましたが、4回連続オリンピックに出場して、金メダル2つ、銀メダル1つと素晴らしい成績を収めています。

 

また、メキシコでは弟の義行さん(リオオリンピック銅メダルの三宅宏美の実父)が銅メダルを獲得して、日本のオリンピック史上唯一の兄弟で表彰台に昇っています。

 

そして三宅義信さんの驚くべき鉄人ぶりは、70才にして現役復帰をしていることです。

 

詳しくは、スポニチの記事でチェックください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
三宅義信氏“電撃復帰”のワケ…次世代へ喚起「自分たちが…と]
スポニチより




エンターテインメント ブログランキングへ

ポチッとクリックお願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
固定ページ
タグ