1964年 映画 シャレード 恋とスリルがいっぱいのミステリー

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

ミュージカルの名手ドーネン監督が、

 

ヒッチコック調サスペンスに挑戦した作品です。

 

 

恋とスリルがいっぱいの洒落たミステリーで、

 

ヘップバーンの素敵なファッションも話題になりました。

 




1964年 映画 シャレード 恋とスリルがいっぱいのミステリー

 

殺された夫が残したはずの遺産のために命を狙われる人妻役には、

 

人気女優オードリー・ヘップバーンが扮し、

 

キュートな魅力を振りまいてくれます。

 

 

ヒッチコック作品で慣らしたグランドを配し、

 

物語もサスペンスフルに展開しますが、

 

ドーネン監督らしいお洒落で楽しいロマンティック作品に仕上がりました。

 

 

 

製作・監督:スタンリー・ドーネン
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:オードリー・ヘップバーン、ケイリー・グラント、ウォルター・マッソー
1963年製作・米国

 



1964年 映画 シャレード ウォルター・マッソーの魅力

トラブルに巻き込まれるヘップバーンを助ける人の善さそうなおじさんだが、

 

その正体は・・・・というミステリアスな役柄で登場します。

 

ユーモラスな配役を前面に出しながらも、

 

どこか胡散臭さを感じさせるあたりはさすがというところ。

 

 

その的確な演技力は、3年後の出演作のビリー・ワイルダーの

 

秀作「恋人よ帰れ!わが胸に」(66年)で

 

アカデミー助演男優賞に輝きました。

 

 

 

 

 

1964年 映画 シャレード ヘップバーンのキュートな魅力

 

オードリー・ヘップバーンは、

その華奢で無垢な美貌ゆえに常に妖精にたとえられます。

そんな可憐な魅力のなかにも強い意志と情熱を秘めた彼女の個性は、

54年の「麗しのサブリナ」のように二人の男を翻弄する少女役で如何なく発揮されました。

 

最後の作品「オールウェイズ」(89年)で、映画ファンの想いに応えるように、

美しい天使の役を演じてから天国に旅立ったのです。



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
固定ページ
タグ