1964年(昭和11年) 全日本自動車ショーから名称を改めて、 第11回東京モーターショーとして開催されました。   ※画像はイメージです。   この年四輪車の輸出台数は、 前年比47%アップの10万台弱で、 過去最高を記録しました。   日産のブルーバードは月産1万台を達成しました。 また、東京都内の自動車登録台数が、 初めて100万台を年でもあります。

  • 人気ブログランキング

ダイハツミゼットは、昭和30年代、   日本がまだ貧しかった頃の物流を支えた乗り物でした。       映画「三丁目の夕日」や「稲村ジェーン」に登場し、   再び注目されたので、記憶に新しい方もいるかもしれません。   1964年 オート三輪のダイハツミゼット 業界初のTVCM   戦後の日本の物流を支えたのは、 オート三輪とい…

  • 人気ブログランキング

1964年のクルマ

目安時間:約 2分

日本人は器用なのか優秀なのか、創意工夫を身上とするのか、 明治時代の終盤には、日本人は見よう見まねで自動車を造り、走らせてしまっています。   そしてその不屈の情熱と探究心は、大正から昭和に引き継がれました。   第二次世界大戦で破れ、花形だった航空機産業から撤退を余儀なくされました。しかし、そこで挫折を味わったエンジニアは、飛行機に変わって目を向けたのがクルマだったのでしょう…

  • 人気ブログランキング
最近の投稿
カテゴリー
固定ページ
タグ