1964年のオリンピック 東洋の魔女の思い出

出来事

こんばんは、
サイト管理者のともやんです。

 

1964年の東京オリンピックで、
マラソンの円谷選手の次に思い出深いのが、
です。

 

 

決勝戦のソビエト連邦との闘いは、
真剣に観ていた記憶があります。

 

ただ試合の経過は、ぜんぜん思い出せないのに、
日本の選手とソ連の選手との表情やしぐさなどは
覚えています。

 

日本の選手は、ポイントを取るとメンバーが
集まって笑顔で喜んでいました。

 

一方、ソ連の選手は、表情も崩さず、
他の選手と軽くタッチする程度でした。

スポンサーリンク

 

だからソ連の選手からは冷たい印象を受けました。

 

でも、でもこの時から25年後、僕はソ連のモスクワに来ていました。
ダイヤモンドの買い付けです。

 

ソ連は世界でも有数のダイヤモンドの原産国で、
大規模なカッティング工場も所有しています。

ソ連の人は冷たいと感じてから25年。

 

僕はソ連で暖かい人たちに接することが出来ました。




エンターテインメント ブログランキングへ

ポチッとクリックお願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました