新幹線 世界銀行から借款 突貫工事でオリンピックに間に合う

出来事

こんにちは、
ともやんです。

新幹線の認可は、1959年(昭和34年)、予算は初年度30億円でした。

その年の夏、十河信二(そごうしんじ)国鉄総裁に世界銀行への借款を勧めたのが、
のちに総理大臣になる佐藤栄作でした。

「こんな大工事は一内閣の期間では完成するはずがない。
内閣によっては方針がどうかわるかわからん。
世界銀行からどかんと融資を得ておけば、その時の内閣もやらざるを得なくなる。
外から縛ることができる」

という考え方だったのです。

そこで全工事費3800億円のうち、288億円を世界銀行から借款し、工事期間は5年かかるところ、3年半の突貫工事でオリンピックに間に合わせました。

スポンサーリンク

東海道新幹線記念碑に見る時代の息吹

作家の半藤一利氏が、自分の著書の中で、JR東京駅にある、新幹線記念碑が、すこぶる良いと書かれています。

その半藤氏の文章を以下に引用しますと

“いまも時々、東京駅で東海道新幹線に乗るとき、
18・19番線階段下の突き当りの壁にはめ込まれている

銅板の文句を読むことがあるんです。
これがこよなくいい文句なのです。

中略

どうです。

驕りも高慢さも思い上がりもなく、さわやかさいっぱいの文章ですね。
運輸大臣や国鉄総裁の名前なんかない。

日本国民みんなで造ったんだと。
これがとにかく五年を三年半に縮めた最大の理由があったんです。”

その半藤氏を感動させた文句が以下の文章です。

東海道新幹線
この鉄道は日本国民の叡智と努力によって完成された。

東京・新大阪間 515km

起  工 1959年4月20日
営業開始 1964年10月1日

この新幹線記念碑は、1967年(昭和42)年にJR東京駅、18・19番線ホーム中央付近階段下に設置されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました